閉じる

ホーム > IR情報 > 対外公表値

経営情報

エレクトロニクス業界では、5G(第5世代移動通信システム)普及の本格化に伴うIoT関連機器の広がりや自動車のCASE(コネクティッド、自動運転、シェアリング、電動化)化に伴う電裝化比率の向上などにより、電子部品等の需要は中長期的には増加していくものと予想されています。
一方で、新型コロナウィルス感染癥の世界的な拡大が、當社グループの事業活動に大きく影響を及ぼしておりますが、現段階では、その影響の及ぶ範囲と期間とを合理的に見積もることが難しい狀況であることから、通期の業績予想については公表を見送ることといたします。今後、合理的な業績予想の算定が可能となった時點で速やかに公表いたします。
なお、2021年3月期第1四半期(2020年4月1日~2020年6月30日)につきましては、売上高410億円、営業利益9億円、経常利益8億50百萬円、親會社株主に帰屬する四半期純利益6億円を予想しております。

単位:百萬円
  2020/3期
1Q実績
2021/3期
1Q予想
前年同期比
売上高42,56241,000▲3.7%
営業利益1,166900▲22.8%
経常利益1,093850▲22.3%
四半期純利益818600▲26.7%

將來の業績に関する見通は現在入手可能な情報から得られた弊社の経営者判斷および仮定にもとづいております。実際の業績はリスクや不確定要素のさまざまな変動および経済情勢等の変化により、業績見通しと大きく異なる結果となり得ることを、ご承知おきください。

IR情報 MENU
湖北11选5遗漏